チアシード」タグアーカイブ

チアシードの効果はどの程度の期間で出てくるのか?

チアシードは栄養価が高く、その豊富な栄養と食物繊維で女性の体の内側からきれいにしてくれるということで最近とても人気があります。

食事をするときに一緒に摂取する女性も多く、健康と美容にもとてもよい影響があるということですが、その効果とどのくらい期間がかかるのか、ということをきちんと知っておくといいです。

チアシードを摂取していたのになかなか効果を感じることができない、という人もいます。

そのような人はチアシードを活かした食べ方をしていない可能性があります。なので、摂取の仕方の基本をきちんと理解しておくことが大切です。

まず、12時間お水につけておくようにする、1日大さじ1杯までを守る、ということです。これは絶対に守らなければいけない基本中の基本です。これらをしっかりと理解して実行しておかなければいくら摂取しても効果はあまりないといえます。

さらに、食べる時間帯によっても効果は変わってくるといいます。ダイエットのためなのか、便秘解消のためなのか、その目的によって摂取をするベストな時間帯が変わります。なので、基本的なことからしっかりと知って理解することでよい効果を実感することができるようになります。

チアシードの戻し方は、お水で戻せばいいだけ、と考えている人もいますが、どのくらいの水の量で戻せばいいのか、ということを知っている人は少ないです。実は、戻すお水の量をしっかり守らないと、危険な場合があるといわれています。なので、どのくらいのお水の量で戻せばいいのか、また、戻した後の保存方法も知っておくようにすることが大切です。

そのままのものをトッピングする、という方法もありますが、あまりそのままの状態で口にするのはおすすめできないです。ミトコンドリア毒という発芽毒が含まれているので、そのまま食べてしまうと発芽が抑制されることがなく、危険だといわれています。また、この毒は体に悪影響を与えるといわれているので、できればそのまま口にするのは避けておくほうがいいです。

ですが、お水に12時間以上付けて戻すことで発芽モードを抑制することができるので大丈夫です。安全のためにも、しっかりとお水で戻すようにしておくようにすることを忘れないように気をつけることが大切です。

戻す時の水の量ですが、こうでなくてはいけない、という決まりはないです。大さじ1に対して、お水を大さじ3から10杯、と人によっても違います。お水の量が少ないとジェル状、多いとさらりとしたものになります。

ですが、戻すときの正しいお水の量はチアシードの10倍、と覚えておくといいです。10倍の水に12時間浸すことで、毒性がなくなるといわれています。

ダイエットのために積極的に口にしているのに、体に悪影響を与えるような方法で摂取をしているというのはよくないです。必ず10倍のお水で戻すようにするのが一番いいです。

どのくらいの期間を食べたらいいのか、というと、たとえば、便秘解消のために摂取していた、という場合、当然ですが個人差はあります。ですが、摂取を始めてから大体一週間ほどで、効果を実感し始める人が多いです。二週間、三週間と続けているうちに、少しずつ確実に便秘解消を実感できるようになっていきます。腸内をスッキリさせることで体の代謝を活性化して、栄養をしっかりと吸収できるようになります。

痩せやすい体質に変えることでダイエットにもよい影響を与えることができます。

ダイエット目的で摂取している人は体重の減少するために摂取している、という人も多いですが、ダイエットで体重減少に関しては長い目で見ることが大切です。人によって違いますが、摂取し始めてから1ヶ月後くらいに減量ができた、という人もいます。2、3ヶ月続ければ痩身を実感しているという人もいるので、持続することが大事なのです。

チアシードは食事の1、2時間前に食べるのがいいといわれています。それまでにお水で戻して食べられる状態にしておくようにするといいのですが、毎回お水に浸して時間を置くのは大変だという人は、作り置きをしておくという方法もあります。

水に戻した状態でも、1週間から10日ほどはもつようになっているので、あらかじめ戻しておけばトッピングするだけ、ということですぐに摂取することができるので便利です。

この時に注意しなければいけないことは、食べすぎです。1日の摂取量は種が乾燥した状態で1日10グラムまでです。これ以上食べてしまうと、ダイエットや便秘に悪影響を与えてしまう場合もあるので、気をつけなければいけないです。

保存しているものを食べるときには、まず、一回大さじ1の種を水につけて、その重さをはかって、記録しておくようにするといいです。

次からはまとまった量を水に戻すようにして、乾燥した種の大さじ1の量ずつはかって、小分けにしておくと食べ過ぎるということがないので安心です。また、小分けにしておかなくても、このスプーンで何倍分、という計り方をするのもいいです。